給水設備Q&A

水の出が悪い

パイプがさびて詰まった
  • 配管を取り替える。(各種のパイプの中から、適材を選定)
    水栓部分だけの場合は簡単なので一度挑戦してみる価値はあります。
屋上のタンクが低い
  • 架台を継ぎ足して水圧を確保する。
  • 低圧用の器具に取り替える。
  • 必要部分のみ加圧ポンプを増設する。
  • タンクの水位電極の長さを調整する。
加圧ポンプの能力不足
  • ポンプの吸い込み口等の異物を取り除く。
  • 圧力スイッチを調整するか取り替える。
  • ポンプ内部を分解点検する。
何処かで漏水がある
  • トイレや散水栓の流れ放しはありませんか?
  • 地中配管を重点的に調べる。
  • 上水道の地下漏水の場合、公認業者の証明で水道料金が一部還付される事があります。
ウォーターハンマーがある
  • 配管が細いか錆び等で局所詰まりがある。
  • ボールタップ等が古いため取り替える。
  • ショックレスバルブやタンクを取り付ける。
その他
  • 配管の頂部に空気抜き弁を取り付けると、水の出が良くなったり色々なトラブルが解消する場合があります。
  • 地下漏水の場合、修理するより露出配管に変更した方が安価になる場合が殆どです。

井戸水が出ない

井戸水が出ない
  • 圧力タンクの空気が抜けている。
  • 電気部品に虫や埃や水滴が付いている。
  • ポンプのモーターが焼損している。
ポンプが止まらない
  • 圧力スイッチの故障。
  • どこかで漏水がある。
  • ポンプの吸い込み配管に緩みがある。
  • 砂こし器が詰まっている。
水が濁る
  • 浄水器を取り付けると鉄分による生臭さも解消する場合があります。

雨水利用

松山市などのように、ダム容量が少ない地域において、雨水利用は各家庭や企業における水資源の確保というだけでなく、水資源開発費を押さえることによる水道料金の低減化にも役立ちます。

利用できる範囲
  • トイレの洗浄、洗車、散水などで、食品や直接肌に触れる用途には使用しないのが無難です。
集水場所は
  • 屋根が原則ですが濾過装置がある場合は庭から集水の例もあります。
貯水槽は
  • FRPのタンクが一般的ですがコンクリート製でもかまいません。
  • 又、使わなくなった浄化槽を 利用すれば補助金が出る自治体もあります。
  • 設置場所は北側(日陰)で地下埋設が理想ですが無理な場合は日除けや塗装を行います。
  • 水の腐食を防ぐには色々な方法がありますがまず流入水から異物を取り除く必要があります。
ポンプの選定は
  • 利用場所と用途によってかなりの幅がありますが、一般的にはセット型を使用します。万が一に備えてストレーナーは必要です。
補助金など
  • 松山市では貯水量に応じて補助がありますが、業務用で貯水量1m3当たり5万円となっていますが、設置費用はその3〜4倍かかります。家庭用は工事費のおよそ3分2と考えて下さい。
  • ※何れにせよ貯水槽代金が勝負です。
  • ※助成金の詳細につきましては松山市公営企業局雨水利用促進制度をご参照するか当社にご相談してください。